teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


キャラリセのお願いです

 投稿者:霧雨 氷牙  投稿日:2010年 8月12日(木)09時46分35秒
返信・引用
  管理人様、お世話になっております。

本日はキャラリセのお願いに参りました。せっかく登録して頂き、何人かの方ともお話しさせて頂きとても楽しかったのですが、仕事がたてこんでしまい、現在こちらにお邪魔する余裕がもてません。
キープも考えましたがいつ余裕が出来るか目途の立たない状態ですので、このまま来られないままでご迷惑をおかけするよりはリセをと思いました。
勝手な申し出ですが、よろしくお願いいたします。

お話しさせて頂いた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
 
 

(無題)

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 7月25日(日)18時38分16秒
返信・引用
  真木様>
登録ありがとうございます。
不備等ございませんので、どうぞ本編にお進みくださいませ!

篠崎様>
登録ありがとうございます、教会居住につきましては構いません。
本編にお進みくださいませ!

聡一郎様>
登録ありがとうございます!
設定を拝見したところ、特に世界観からの逸脱等ございませんので、このままで構いません。
どうぞ本編にお進みください。
 

(無題)

 投稿者:聡一郎  投稿日:2010年 7月25日(日)02時25分38秒
返信・引用
  名前:聡一郎(50-16)
年齢:外見年齢24~26
容姿:大きな赤い瞳に大概きりっとした無表情。髪は伸びかけショートで首筋や目にかかるくらいの艶のある灰色、全体的に色気のある雰囲気。バランスよく締まった体型に日の光を知らないような白い肌、着ているのは簡単な白シャツに黒いパンツ。身長は178程度。耳に50-16のタグが軟膏ピアスのようについている。
性格:無関心で常識はずれ、素直すぎてなにごとにも真っ正面からしか向かえない。物知らずで何を考えているのかわからない。
留まる理由:研究所でされていた人造人間の研究の成果。研究所崩壊の際に研究所の羊水の中から脱走した生き残りで、どこかにいく理由もなく留まっている。
性癖:リバ
備考:50-16はシリアルナンバーで、50がSOと形が似ているので16をいちろうとかけて研究中からそういちろうのあだ名がついていた。研究所のなかに聡一郎という名前の研究者がいて、崩壊の際の廃墟からネームプレートがでてきたため字をもらって聡一郎と名乗っている。
ロルテスト:
(今日も何をするでもなくすごし、夕焼けに染まる空を見上げ)
17時53分…あと7分で業務終了…(体内時計で時間を計り、研究所の職員が言っていて覚えた18時業務終了を呟けば、言葉の内容をわかっているのかいないのか、帰宅とばかりに研究所の廃墟に足を向け)


(PL:微妙に人外ですが…大丈夫でしょうか?)
 

参加希望です

 投稿者:篠崎 和早  投稿日:2010年 7月24日(土)20時53分54秒
返信・引用
  名前:篠崎 和早(シノザキ カズサ)
年齢:26歳
容姿:身長170cm。やや骨ばってはいるがごくごく標準的な体型。
髪色はプラチナゴールドでやや癖で頬あたりまである両サイドの髪は軽く撥ねており、襟足短めのサイドと同じくらいの長さの前髪は真ん中分け。
色素が薄く瞳の色は黄土色。右下目尻に小さなホクロがある。
鼻筋が高く少し彫りが深い日本人離れした顔立ち。
服装は常に白い牧師服で首からは金の十字架をぶら下げている。
性格:どちらかと言えば大人しい性格だが人との関わり合いが好きで争い事を嫌う。マイペースで世話好き。
留まる理由:ある人を待ち続けながら教会に隣接する木造の建物で親とはぐれたり逃げ迷った子供達の世話をしてている。
性癖:受
備考:自らも教会に昔捨てられていた孤児。【篠崎】の姓は拾ってくれた老神父の名前。
武器などは所持しておらず、不毛となりつつある土地で植物を育てていたりする。

ロルテスト:
(教会。聖者を崇め奉る祭壇の前に膝をつき、白いマリアベールを頭から被り頭を垂れて瞳を閉じる)
全たる我等が主よ、今日も一日を恙無く無事に過ごせましたこと感謝いたします……
(室内に燈される蝋燭の明かりに握りしめた十字架をが光を受けて、明日も今日と同じ様に過ごせる事を願い)


(PL:教会に居住してしまっても良いでしょうか?
プロフやロルに不備等ありましたらご指摘を宜しくお願いします)
 

(無題)

 投稿者:真木 五瀬  投稿日:2010年 7月24日(土)19時49分21秒
返信・引用 編集済
  名前:真木 五瀬(さなぎ いつせ)
年齢:27歳
容姿:常に微笑みを浮かべている唇と、伏し目がちな青い瞳の柔和な顔立ち。左口元下に黒子。ゆるくうねる栗色の髪の毛は肩甲骨ほどまであり、右肩でまとめて垂らしている。シャツとジーパンにスニーカーという出で立ちが多く、シャツのポケットには眼鏡チェーンのついた眼鏡が入っていて、読書や書きものをする際に使用する。身長175㎝、あまりガタイがいいとは言えないが、見た目に反して腕力はある。
性格:見た目を裏切らないのんびりした温和な性格。興味のあるものに対してはしつこく探求しようとするが、逆に興味のないものに対しては冷淡。
留まる理由:歴史学の学者を志していたが、所属していた大学が街の崩壊により閉鎖。他の大学に移る道もあったが敢えてここに残り、この街の滅びゆく様を観察し、記録し続けている。街が最終的にどうなるかが知りたい。
性癖:リバ
備考:武器は持ち歩かないが、柔道の黒帯持ちなので、ある程度の危険には対処できるつもり。
ロルテスト:
(カラリ、と足元で瓦礫が鳴る。昨日まではそこにあったはずの建物は、ただの石の山と化してしまっていた。溜息のような淡い吐息を吐き出すと、ポケットに折りたたんで入れてあった地図を取り出し、地面に膝をついて赤いペンで×印と日付を書き込み)
…ここもなくなってしまったんですね…。
(かつての建物の柱だろうか、一本だけぽつりと残されたそれは地面に黒々と影を作っており、そこへ移動すると背を預けて腰掛け、額に浮かんだ汗を拭い)
この街は一体、どうなるんでしょうねえ…。

《PL:ファンタジーな世界に釣られてやってまいりました。何か不備等ございましたらご指摘頂けると嬉しいです、よろしくお願いします》
 

(無題)

 投稿者:管理者  投稿日:2010年 7月23日(金)23時26分55秒
返信・引用
  霧雨様>
登録ありがとうございます。
どうぞ本編にお進みくださいませ。
 

(無題)

 投稿者:霧雨 氷牙  投稿日:2010年 7月23日(金)00時48分8秒
返信・引用 編集済
  名前:霧雨 氷牙
年齢:25歳
容姿:ストレートの腰あたりまである黒髪。左目を覆い隠すように前髪を垂らしている。分け目は右寄り。後ろはサラッと真っ直ぐ垂らしたまま。
一重瞼で眼光は鋭く、眉は薄い。はっきり言って人相の悪い男。
ミリタリー柄のカーゴパンツと黒のタンクトップを着用、露出した肌は小麦色に焼けている。体格は細マッチョと言ったところ。177㎝・60㎏
性格:自己中心的で他人に配慮しない。礼儀がない。無愛想なツン…デレ(未定)。ただし一度心を許した人間には態度が変わる。面倒くさがり。
留まる理由:人探しのため。相手は自分の弟。弟の名前は光輝。
弟→20歳ぐらいの大人しそうなショートの栗毛パーマの、どちらかといえば可愛らしい感じの青年
性癖:攻
備考:カーゴパンツのポケットにナイフを仕込んでいる。
ロルテスト:
(足元に転がる焼け焦げた石を右足のジャングルブーツの先で軽く蹴り、脇に避けながら瓦礫の上をゆっくり歩き。目線は足元を中心に見ているが左右背後に気を配るのも忘れず、全身に常に緊張と警戒を走らせつつ一歩、また一歩と進んで。やがて一つの建物の探索を終えて外に出ると、頭上から降り注ぐ灼熱の太陽の光に目を細め、何も持っていない左手で額を覆いながら空を仰いで双眸細め)
…なんて暑さだ、干からびる。
 

レンタル掲示板
/1