teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. みんなの日記(6)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/21 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

足揉み-下駄で歩く

 投稿者:ヤマメール  投稿日:2010年 4月 7日(水)18時38分51秒 softbank221090255129.bbtec.net
  通報 返信・引用
  足揉みを教えている先生から、家では、近いところへの歩くには下駄を使っていると言う話を聞いて、私も下駄を作っている店に行って、下駄を買って歩いてみた。

先ず、歩くには下駄が足揉みに有効だという話を先生から聞いた。
私たちの体の不調になる事、いわゆる病気と言われるのは、血液にある老廃物(尿酸など)は静脈で足や手を通して内臓器官から体外に排出されるようになっている。
足の各部にある場所が内臓器官に全てをコントロールしている・足は内蔵器官のリモートで、足の各所が常に柔らかくして、血行をよくしていないと、その器官の機能が低下して、いろいろな病気となっている。
だから、この足をしっかり揉んで柔らくしていると、病気にならないということになる。

そして、下駄で歩くと、歩く度に足の指を常に刺激している。
足の指は人間の頭の機能を持っているから、足の指が大事な働きになる
ということで、下駄で歩く事は脳を活性にする。
そして、靴は逆に足の指を抑えているから、脳の活性を低下していることが多い。

もう一つ、私はスニーや運動靴を履いているから、歩道を歩くと、道の凸凹が直接頭に響くけど、下駄で歩道を歩いても、あるいは石こりのある所を歩いてもそんなに歩く難いとはない。

日本人の先祖に下駄を発明した事に感謝したい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/21 《前のページ | 次のページ》
/21